WEB予約

親知らず

親知らずの診察・
抜歯治療について

親知らずの診察・抜歯治療について

親知らずが生えてきたもののすぐに日々の暮らしに支障を来たすわけではない、、そういうときに抜かずにそのままにしていいのか疑問に思う人もいるでしょう。

親知らずは実は何でも抜けばいいというものではありません。そのままにするべきか抜くべきかはケースバイケースだということができます。では親知らずをそのままにすることでどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

親知らずを残すメリット

  1. ブリッジの支えにすることができる ブリッジとはまだ残っている歯を支えにして装着する義歯のことです。親知らずを抜かずに残しておくとそのブリッジの支えにすることができます。
  2. 移植に使える 疾病や外傷で歯を失われたときに親知らずをその場所に移植できることがあります。

親知らずを残すデメリット

  1. むし歯や歯周病になるリスクが
    高くなる
    親知らずは奥まった場所にあることから磨き残しが出やすくなる傾向にあります。そのため親知らず自体がむし歯や歯周病になったり、その隣の歯にも悪い影響を及ぼしたりしてしまいます。
  2. 歯並びがずれてしまう 親知らずがまっすぐ生えていればいいですが、傾いたり横を向いたりしていると他の歯を押してしまい、全体の歯並びに悪い影響を与えます。
  3. 口臭が発生する 親知らずがむし歯や歯周病などを発症することで細菌が繁殖し、口臭が発生することがあります。